後悔しないように自分にあった学校を探そう〜未来の私たち(僕たち)のために〜

>

高校は将来への道のりである!自分にあった学校を探そう!

自分にあった高校とは?

皆さんは、なぜ高校に行かなければならないのかと考えたことはありませんか?
中学を卒業して高校に行かない人も中にはいます。
もし、自分の周りで行かない人を見たら「なぜ?」と考えてしまう人もいるかもしれません。
でも、大人になった時、気づいた時には後悔することの方が多いでしょう。
今は、大卒の時代です。
時代の中で生きていくには、その時代の流れに沿って生きていくことです。
自分に合った学校とは、今の自分についてよく考え、自分が進みたい道のり、将来を想像してみてください。
そうすることによって、きっと答えがだせるかと思います。
偏差値だけで決めずによく考えたり、色々な学校を調べてみましょう。
きっと自分に合った学校が見つかるかと思います。

公立・私立高校のメリット・デメリット

「公立高校」のメリットは、私立高校に比べ、学費が安いところや地元の人たちが集まる場合が多いそうです。
デメリットは、私立高校よりも学力のレベルが低いため、大学に進学する場合には塾に通っている生徒も多いそうで、そうなればもちろん塾の費用もかかってきます。
「私立高校」のメリットは、大学に進学しやすいように受験用の授業もしてくれるので、塾に通わなくてもしっかりと学べるところや施設が良かったり、修学旅行もとても良いところに行けるそうです。
デメリットは、公立高校に比べ、学費が高いところや交通機関を利用する場合は、交通費もかかってきます。それともう一つは、メリットでもデメリットでもあるのですが、私立高校の場合は、土曜日にも授業があることもあるそうです。


この記事をシェアする