後悔しないように自分にあった学校を探そう〜未来の私たち(僕たち)のために〜

>

後悔をしないように自分の未来のために自分にあった学校を探す!

「公立中学」のメリット・デメリット

「公立中学」のメリットは、四つあります。
一つめは、受験をしなくても小学校卒業後そのままスムーズに学校に行くことができます。
二つめは、私立中学に比べ、学費負担が少ないというところです。
三つめは、自宅からとても通いやすいというところです。
そして、四つめは、今までとあまり変わらず仲の良い地元の友人とそのまま関係を続けられるというところでしょう。
「公立中学」のデメリットは、私立中学に比べ、授業時間が少なく、生徒の学力の差があり、授業のレベルも私立中学に比べ、低いそうです。
もう一つは、友人関係のトラブルを気にして私立中学に行かせる親御さんも中にはいるそうです。
このように、「公立中学」には、様々なメリットやデメリットがあるそうです。

「私立中学」のメリット・デメリット

「私立中学」のメリットは、中高一貫校があり、そちらに進学すると高校受験がないので、受験勉強をしなくてもいいというところと、同じ学校で6年間過ごしますので、友人関係を深める事ができるでしょう。
私立中学は、女子校と男子校と別れている学校もございます。
そして、私立中学の生徒は、優秀な生徒が多いので学力の向上にも期待ができそうです。
他にも、環境が良いなど様々なメリットがあるそうです。
「私立中学」のデメリットは、私立中学に進学するとなると、やはり中学受験がございますので、小学校高学年になると受験勉強をしなければなりません。
他にも、公立中学の学費に比べて高いというところや、住んでいる場所によっては、通学が大変になってしまうかもしれないというところでしょう。
このように、「私立中学」にも様々なメリットやデメリットがございます。


この記事をシェアする